KTCおおぞら高等学院
なりたい大人研究所
KTCおおぞら高等学院

第2回 なりたい大人作文コンクール(中学生対象)

結果発表

全国の中学校から22,748作品の応募がありました!
たくさんのご応募ありがとうございました。

「なりたい大人作文コンクール」の応募作品が一冊の本になりました。「なりたい大人作文コンクール」の応募作品が一冊の本になりました。

「なりたい大人」
将来、あなたはどんな大人になれたら
幸せですか?

今までなんとなく考えてみたことがあっても、明確に文章にしたことがある人は少ないのではないでしょうか。本コンクールは、自分が将来どのような大人になりたいかを思い描いて、文章で発表するコンクールです。素直に自分の心と向き合い、文章として表現をすることで、きっと将来の自分に一歩近づくきっかけになることと思います。
あなたの夢は何ですか? あなたのなりたい大人像はなんですか?
将来、どんな大人になれたら幸せか思い描いてみて文章にまとめてください。
きっとあなたの夢を実現する一歩になると思います。

総評

特別審査員

古市憲寿

たった200文字で「なりたい大人」について書く。実は非常に難しい課題だったと思います。新聞や雑誌に掲載される評論の文字数は、数千字、時には数万字にも及びます。小説も同じで、特に長編ともなれば数十万字。それくらい「何か」を伝えるのには文字数が必要だということなのでしょう。このコンクールでは、大人やプロにも中々できないことを要求しているのです(ちなみにこの段落だけで約200文字です。何も言えてないでしょう)。続きを読む…
そんな難しい課題にもかかわらず、はっとするような作文がたくさんありました。印象に残った作品には、次の二つの要素が含まれていたと思います。
(1) 冒頭部分から、印象的な言葉や比喩(たとえ)を用いて、読者の関心を惹きつけている。
(2) その上で、読者を「なるほど」と思わせるような、何らかの「発見」がある。
「比喩」も「発見」も、この世界で豊かに生きていくためには、なくてはならないものだと思います。僕たちは、ただ漫然と生きていくこともできますが、同じ出来事を経験しても、同じ景色を見ても、「比喩」や「発見」によって、世界を何倍にも楽しむことができるのです。コンクールという性質上、どうしても選ばれる作品と、選ばれなかった作品が生まれてしまいます。「こんな選考委員に選ばれたくなかった」という人もいますよね。実際、「こんな選考委員」が選ばなかった作品の中にも、素敵な文章がたくさんありました。僕の読んだほとんどの作文は、そのへんの大人が義務にかられて書く文章よりも、ずっと真摯で、聡明なものでした。「予言の自己成就」という考え方があります。根拠のない思い込みでも、信じて行動すれば夢が叶ってしまう現象のことです。もちろん、全ての夢が叶うわけはありません。だけど「夢は叶うはず」と信じ切っている人と、「夢なんて叶うわけない」とあきらめきっている人だったら、前者のほうが実際に夢を叶える可能性が高いのは事実だと思います。
書くことが好き、もしくは苦痛ではないと思った人は、どうか文章を書き続けて欲しいです。

審査員

KTCおおぞら高等学院 学院長 小林 英仁

第2回「なりたい大人」作文コンクールに全国の中学生より、22,748作品と多数の応募をいただき、ありがとうございました。 200字という限られた文字数の中に、「なりたい大人」について中学生の皆さんの想いを記すことは、大変だったのではないでしょうか。しかし、今回応募いただいた作品には、個々の想いが凝縮された非常に内容の濃いものであったと感じます。 自身が中学生だったころを、思い返しながら多くの作品を読ませていただきました。続きを読む…
あの頃の自分には、今回作品に記されているような「なりたい大人」について考えたことは無かったような気がします。作品の多くは、人の優しさや温かみを感じることのできるものが多数あり、読むことで心洗われ、ホッとすることのできる瞬間をいただきました。また、中には、今の社会の課題を的確に指摘しているものや、多様性を認める事の出来ない多くの大人に対しての問題提起があったりと、非常に鋭い指摘をいただいたものもありました。
全ての作品を読ませていただき、今回応募いただいた方が大人になる5年後・10年後を考えると、不安の多い社会ではありますが、安心感を抱くことができました。今後、様々な経験をするうえで、作品に記していただいた「なりたい大人」像が、変わっていくかもしれませんし、そのままかもしれませんが、都度、「なりたい大人」について考える事は、これからの長い人生を歩むうえで、非常に大切なことだと思います。 その時々の自身で考える「なりたい大人」に向かって、進んでいってください。再度にはなりますが、多数の応募をいただき、本当にありがとうございました。

審査員

屋久島おおぞら高等学校 校長 梶 俊之

点数をつけることは実に難しい。作文を読めば読むほど、生徒達が何を考えているのかが見えてくるからである。応募してくれた中学生は皆、この作文を機会に、真剣に「なりたい大人」を考え、「どう生きるべきか」を悩んだことと思うと、それぞれ貴重な作文である。具体的に「どんな職業に就くか」とか「どんな分野の仕事を目指すのか」を決めている生徒は少ない、まだ、そこまで考えていない生徒も多い。まだ中学生であるから、それももっともであろう。続きを読む…
一方、半数以上の生徒が、「こういう人になりたい」とか「こんな大人になりたい」と生き方を真剣に考え、作文に書いてくれている。その中には、前提として、自分の今を反省したり、今の自分を変えたいという作文がいくつもある。他にも、「子供食堂を経営する優しいおばあちゃんになりたいな」「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむ大人」になりたい、等、人に優しい人になりたいという思いも多数あった。こういう中学生の作文を読んでいると、私自身反省しなければならないことが多々あり、心が洗われる気がする。具体的なユニークな「なりたい大人」を書いてくれた生徒もいる。葬祭業で働きたい、地域と関わり合っていく大人、言葉を大切にできる人、高精度な統計で世の役に立ちたい、等々というものである。この生徒たちは、きっと身近にその分野で働いている人たちを見たりしているのだと思う。そういう意味でやはり将来の職業につながる体験教育や見学・体験者の講演会等の場を意識的に作ることが重要だと考える。
最後に、世相を反映した作文、世界の情勢に関連する作文、環境問題に触れる作文、あるいはコロナ禍とそこで頑張ってくれている人々に思いを寄せる作文があまりにも少ない気がする。このテーマでは書きにくいのかもしれないが、何かしらそういった自分たちが生きている世の中の動きがもっと反映されてもいいのではないか、と思う。日本の子どもたちは、知識が詰め込まれる割には、生きていくうえで必要な大事な情報を与えられていないように思う。中学生とはいえ、あと数年で選挙権も持つ年齢なのである。

入賞作品

最優秀賞

中学の部

岩井 綾香さん タイトル 好きを活かしたい 千葉県 印西市立本埜中学校 2年

優秀賞

中学の部

若林 優衣さん タイトル ルーキーシンデレラ 静岡県 加藤学園暁秀中学校 2年

河邉 倫帆さん タイトル 魚が好きだから 愛知県 設楽町立津具中学校 1年

審査員特別賞

中学の部

上田 海翔さん タイトル 仮の孤独 埼玉県 狭山市立柏原中学校 2年

学校賞

中学の部

東京都
足立区立西新井中学校
三重県
三重中学校

募集要項

応募資格
中学生
テーマ
「なりたい大人」(200字以内)
将来、あなたはどんな大人になれたら幸せですか?
お父さん、お母さん、先生、芸能人や有名人、歴史上の偉人……。
あなたが尊敬したり憧れたりする大人を思い浮かべながら、熱く語ってみてください。
作品規定
  • テーマに沿い、題名をつけ、日本語で200字以内の作文としてまとめてください。
  • 応募者自身のオリジナルで未発表の作品、かつ同じ作品を複数のコンテスト等に応募しないものに限ります。
  • 書籍や雑誌などから文章を引用した場合は、出典を明記してください。
  • 専用応募用紙で申し込む場合は、必要事項を記入のうえ、右半分を切り取ってご応募ください。
  • 専用応募用紙以外の場合は、A4サイズの200字詰め原稿用紙または400字詰め原稿用紙でご応募ください。
  • パソコンで作成の場合は、「20字×40行」設定A4サイズ1枚以内。
  • これらの様式以外は、審査の対象外となることがあります。
  • 〇最優秀賞 1点:賞状、副賞(図書カード3万円分)、記念品
  • 〇優秀賞 2点:賞状、副賞(図書カード1万円分)、記念品
  • 〇審査員特別賞 1点:賞状、副賞(図書カード5千円分)、記念品
  • 〇入選 100点:記念品
  • 〇学校賞(優れた作品を多く寄せていただいた学校 2校)
  • ※入賞・入選作品(氏名・学校名・学年を含む)は、KTCおおぞら高等学院ホームページに掲載いたします。
  • ※入賞・入選作品の著作権はKTCおおぞら高等学院に帰属します。
特別審査員
古市憲寿(ふるいちのりとし)氏
僕は「コンクール」と聞いて、あまりいい思い出がありません。学校の課題で仕方なく提出した作品もありました。でも人生は、何がきっかけになるかわからないもの。
この作文を書いて夢を見つける人や、文章を執筆する楽しさに気付く人がいるかも知れません。一応、「コンクール」なので「審査」はありますが、大切なのはその先です。先生や審査員という大人の目線は気にせずに、未来の自分のために作文を書いてみませんか?
●プロフィール/ふるいち・のりとし 1985年東京都生まれ。社会学者。若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)などで注目される。著書に『だから日本はズレている』(新潮新書)、『保育園義務教育化』(小学館)などがある。2018年には初の小説単行本『平成くん、さようなら』(文藝春秋)を刊行。
応募締め切り
2020年9月30日(水)当日消印有効
受付は終了いたしました

●個人応募と団体応募

【個人応募】
  • 専用応募用紙に、必要事項を記入のうえ、右半分を切り取って以下の送付先まで送ってください。
  • 専用の用紙が入手できない場合は、市販の原稿用紙を利用もしくはパソコンで作成し、その作品(複数枚になる場合には、2枚目以降にも氏名を明記。ホチキスを用いないで送付のこと)に作品の題名、氏名、電話番号、住所、パソコンまたは携帯電話のメールアドレス、学校名、学年、男女の別を明記のうえ、送ってください。
【中学校団体応募】
  • 専用応募用紙や市販の原稿用紙、もしくはパソコンで作成した作品と指導教員用作品送付シート(1中学校1枚使用)に必要事項を記入のうえ、以下の送付先まで送ってください。
  • 指導教員用作品送付シートが入手できない場合には、任意の用紙に学校名、学校の郵便番号、住所、電話番号、先生のお名前、応募総数を明記のうえ、応募作品に添えて送ってください。
  • 複数名で応募する場合は、各作品の右半分を切り取って、応募用紙右上の「団体応募用No.」欄に、通し番号を1から順にご記入ください。
  • ★指導教員用作品送付シートは、作文コンクールホームページ(https://www.naritaiotona.com/)からダウンロードできます。
  • ★ご応募いただいた作品は、KTCおおぞら高等学院のホームページや学校案内などで匿名で2次利用させていただく場合がございます。

●応募方法

【郵送の場合】
〒460-8488(所在地不要) 朝日新聞名古屋本社 「なりたい大人作文コンクール」事務局
【e-postの場合】
右記のURLより応募フォームにご入力のうえ、応募ください。https://que.digital.asahi.com/epost
【Eメールの場合】
nadv-5@recv.asahi.com(必要事項を記入の応募用紙の右半分をスキャンして添付のうえ、お送りください。ファイルサイズは最大3MBまででお送りください。)

※お預かりした個人情報は朝日新聞社とKTCおおぞら高等学院がそれぞれ取得し、入賞者への連絡・確認・発表および学校案内などの送付(希望者のみ)に使用させていただきます。ただし、インターネットでお申し込みの場合、朝日新聞グループ(朝日新聞社、朝日新聞社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)が取得した個人情報は、朝日新聞グループの事業活動に伴う(1)商品・サービスの配送・提供(2)商品・サービス・催し物の案内(3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査(4)提携企業等から提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付目的で、当社ホームページに掲載された個人情報保護方針に従い、共同利用します。

●入賞発表

2020年12月13日(日)朝日新聞名古屋本社にて表彰式を開催(予定)。2020年12月下旬朝日新聞紙上、および作文コンクールホームページに掲載予定。

  • ※入賞者には個別に通知いたします。なお、作品の返却はいたしません。
  • ※入賞・入選作品発表時には、氏名、学校名、学年を公表します。

●お問い合わせ・資料請求先

朝日新聞名古屋本社「なりたい大人作文コンクール」事務局
460-8488 名古屋市中区栄1-3-3 TEL:052-231-5537(平日10:00~17:30)
https://www.naritaiotona.com/

●主催:KTCおおぞら高等学院、屋久島おおぞら高等学校 ●共催:朝日新聞社

●後援:愛知県教育委員会、中央出版株式会社、株式会社DIC学園、株式会社ロボット科学教育、一般社団法人 ロボット技術検定機構、NPO法人 青少年科学技術振興会 FIRST Japan、子どもの文化・教育研究所、竹田印刷株式会社、ナビ個別指導学院、Fitオンラインゼミ

●協力:朝日学生新聞社

過去の入賞作品

KTCおおぞら100選

通信制高校サポート校「KTCおおぞら高等学院」の生徒たちの応募作品から、厳選された100作品を発表します!
通信制高校に通う生徒たち、それぞれの思い描く「なりたい大人」をご覧ください。

KTCおおぞら高等学院

私たちは高校卒業をゴールと考えてはいません。
社会に出てからも、「なりたい大人」になるために、
全国の仲間たちと、「マイコーチ」と、
自然と、共に学ぶ教育。
「自分で進みたい道を決め、幸せを手にいれる」
―答えのない社会で夢を描く「生きる力」を
育む教育―
を実践しています。

なりたい大人研究所とは?

【なりたい大人研究所 概要】

2018年
KTCおおぞら高等学院の校名変更に伴い発足
「KTCみらいノート®」を共同開発
2019年
「第1回なりたい大人作文コンクール」開催 全国の中高生から24,760点もの応募を集める
子どもたちを応援するボランティア組織「おおぞらみらいサポーター」を設置
2020年
「第2回なりたい大人作文コンクール」開催
『中学生の頭の中身をのぞいたら、未来が明るくなりました。』出版

なりたい大人研究所は、学校法人KTC学園屋久島おおぞら高校とKTCおおぞら高等学院が共同運営している研究所。
中高生の『なりたい大人になる』をサポートするみらい応援プロジェクトです。約8,000名の高校生を対象としたアンケート調査や全国の中高生を対象とした作文コンクールなどを企画。中高生の自己表現の場を通じて彼らの今を見つめ、SNSなどを利用し多くの大人にその想いを届けることで、「中高生と大人との架け橋になる」ことを活動テーマとしています。
また、多くの大人や保護者が登録するボランティア組織「おおぞらみらいサポーター」制度も運用。屋久島へのツアー引率やイベント企画など、みらいにはばたく子どもたちを応援しています。
※おおぞらみらいサポーター 
https://ohzora-supporters.amebaownd.com/

『中学生の頭の中身をのぞいたら、未来が明るくなりました。』

「なりたい大人作文コンクール」の応募作品が一冊の本になりました。

2019年夏に開催した「なりたい大人作文コンクール」。
全国から集まった作文の中から、特に印象的な105作品を選びほぼ原文のままに掲載しています。2020年、想定外に社会が変わりゆく中、様々な不安や、未来に希望を描くことが難しい、そんなあなたにこそ、ぜひ読んでいただきたい本になりました。

「やさしい大人」「ありのままの大人」
「夢を追いかける大人」
「問う力を大事にする大人」「挑戦する大人」

今を生きる中学生の言葉は、大人へのエールでしょうか、それとも勇気をもらうビタミン剤でしょうか。

毎日を頑張るたくさんの大人のみなさんにお届けしたい一冊です。
この機会に是非お求めください。

SHARE