KTCおおぞら高等学院
なりたい大人研究所
KTCおおぞら高等学院

なりたい大人作文コンクール

優秀賞

ルーキーシンデレラ

静岡県 加藤学園暁秀中学校 2年若林優衣さん

私は受動的な人間だ。この性質のおかげでこれまでを無意味にかなり過ごしてきている。今通っている中学校が良い例だ。どうしてここ入ったの、と聞かれれば「その時の流れ」としか言えない。私はこんな自分を変えたい。意志を持った人間になる。待ってばかりのシンデレラでは駄目なのだ。私の憧れる自分なら、王子様にガラスの靴を投げつける。気がついてくれたの、なんてナンセンス。気づけっ、って声を張り上げてみせるよ。

(審査員より)

まずは、「ルーキーシンデレラ」という題名に引き付けられた。なりたい大人とシンデレラがどのようにつながっていくのか興味付けられた。シンデレラのように、待つだけではない、意志を持った人になりたいと結論付ける作品の流れが、非常に面白い構成になり、作者の想いをより一層強く感じとることができた。